おおかみ座の神話。

おおかみ座は昔「野獣座」と言われ、十三世紀頃、星座としてされたそうです。

このおおかみ座は、ギリシャ神話のリュカオーンと言われています。

リュカオーンは、アルカディア王ベラスゴスとオケアノスの娘メリポイア、またはニンフのキュレーネーとの子とされ、アルカディア人の王として、多くの女から五十人の息子を得たとされています。


リュカオーンは敬虔な王で、神々は彼の元へしばしば訪れていました。

しかし、彼の息子達は、父の元へやって来るもの達が神であるかどうか疑い、子供を殺し、その肉を混ぜて客人に出してしまいました。

神々はこれを怒って、嵐を送り、雷霆で撃って殺してしまいました。


別の神話では、リュカオーンとその息子達は、どんな人間よりも高慢不敬なものだったそうです。

ゼウスは、彼らの不敬を試すべく、日雇い労働者となって近づきました。

リュカオーンと息子は、土地のものの男の子を一人殺し、その臓腑を混ぜて供しました。

ゼウスはこれに怒り、リュカオーンと息子達を、雷霆で撃って殺しました。

この時、一番下のニュクティーモス一人だけ生き残り、その後、王となりましが、その時代に大洪水が襲って、すべて滅ぼしたとされています。

この洪水は「デウカリオーン(Deukalion)の洪水」と呼ばれている、ノアの洪水と同形の話となっています。


デウカリオーンは、プロメテウスとクリュメネー、またはケライノーの子で、エピメテウスとパンドラの娘ピュラーを妻に迎えました。

ゼウスは堕落したリュカオーン、または青銅時代の人間を洪水で滅ぼそうとしました。

プロメテウスは、我が子デウカリオーンに忠告、デウカリオーンは箱船を建造し、必需品を搬入。

九日九夜、水上を漂流、パルナッソスに流れ着き、その時には人間すべてが死に絶えていました。


デウカリオーンとピュラーは箱船から出ると、ゼウスに犠牲を捧げ祈りました。

すると、ゼウスはヘルメスをつかわし、「何事でも望みを叶える」と告げました。

デウカリオーンは人間が再び生ずる事を望むと、神は「母の骨を背後に投げよ」と答えました。

デウカリオーンとピュラーは、石を拾って背後に投げると、その石は男に、ピュラーの石は女となり、二人から、ギリシャ人の祖となる、ヘレーン、アムビクテュオーン、ブロートゲネイアが生まれたそうです。


リュカオーンは息子達が殺された時、狼になったとも伝えらています。

アルカディアのリュカイオスの山には、ゼウス・リュカイオスと呼ばれたゼウスのために、リュカイア(Lykaia)祭が開かれていました。

この祭りには人身御供に人間の肉が捧げられ、参加したものは人肉を食べ、九年間狼に変身するとされていました。

そして狼になった九年間、人肉を喰わなければ人間に戻るとされていたそうです。


人狼伝説と洪水伝説がかんでいたわけです。


 
 
Google
Web pleasuremind.jp