正月の遊び

凧揚げ。

凧揚げは、独楽まわしとともに正月の男の子の代表的な遊びでした。

もともとは、年の初めに両親が男子の出生を祝い、その無事な成長を祈る儀礼として行われていたものです。

また、子ども自身にとっても、願いごとを凧に乗せて天に届けるという意味もあったのです。

凧は平安時代に中国から伝わりましたが、一般庶民のあいだで盛んになったのは江戸時代のことで、全国各地にさまざまな凧が生まれました。

凧の呼び方も地方によって異なり、東京では「たこ」、閑西では「いか」、長崎では「はた」、東北では「てんぐばた」、群馬や長野では 「たか」、中国地方では「たつ」などと言われます。

ただ空に高く揚げるだけでなく、風に晩りひびかせてうならせたり、ほかの凧にからみつけて糸を切ってしまうけんか凧まで、さまぎまな遊び方が現れました。

独楽まわし。

独楽まわしは、奈良時代に寺や神社の縁日の余興として催されていたものが、次第に子どもの遊びになったものです。

その名の由来は、中国の唐から朝鮮半島の高麗(「こま」とも読む)を経て伝わったからだと言われています。

初めは、先のとがった貝穀を使っていました。独楽の古い別名を「つむくり」と言いますが、これは貝殻を意味する「つぶり」から出た語です。

その後、どんぐりなどの木の実を利用するようになり、やがて木を細工してまわしやすいように工夫し、現在の独楽の形ができたのです。

江戸時代には、大人たちも凝って独楽で遊ぶようになり、次々と新しい独楽が考案されるようになりました。

うなり独楽、博多独楽、鉄銅独楽(てつがねごま)、海螺(ばい)、銭独楽(ぜにごま)、八方独楽(はっぽうごま)などが登場し、まわし方も、ただ長い時間まわすだけでなく、段取り、つばめ返し、当て独楽などさまぎまな遊び方が工夫されるようになりました。

やがて、独楽を使った曲芸を見せる芸人が現れ、元禄時代のころには、歯磨きを売る行商人が独楽まわしの名技を披露して子どもたちの人気を集めたと言われています。

羽根つき。

昔は、女の子が正月にする初遊びは、羽根つきと手まりでした。/

羽根つきは、美しい羽子板でムクロジの実に鳥の羽をつけた羽根を空中へ打ち上げて遊びます。

打ち損なって羽根を落としたほうが、顔に墨を塗られるというルールもあります。

昔は羽子板は「こきいた」、羽根つきは「胡鬼子(こきのこ)勝負」と言われました。

胡鬼は「異界の鬼」という意味で、羽根つきは遊びというよりも、新年の悪霊払いと一年間の吉凶を占うという性格をもっていたのです。

そのころの板は粗末なもので、絵も毯杖(ぎっちょう・馬に乗ってまり打ちをする遊びのためのステッキ)を三本三角形に組んだ図柄などが描かれていました。

「左義長羽子板」とも呼ばれ、小正月の左義長(トンド)の行事のときに、青竹と一緒に焼かれるならわしでした。

羽根が蚊を食うトンボに似ているところから、幼児が蚊に刺されないためのおまじないとする地方や、二十日正月に羽根つきをすると、田植えのときに腰が痛くならない、という言い伝えの残る地方もあります。

しかし、羽根つきは次第に女の子の遊びとして盛んになり、左義長の性格は薄れていきました。それにつれて、女の子の心を引きつけるきれいな絵柄が考案され、のどかな数え歌で調子をとりながら遊ばれるようになったのです。

さらに、元禄時代になると、役者の似顔絵や美人画の押絵を施した装飾品としての羽子板が現れ、日本橋や浅草の羽子板市が特に有名になりました。

手まり。

手まりの起源は平安時代の蹴鞠にあると言われていますが、やがてお手玉のように、女の子が手で遊ぶ玩具に発展しました。

それは、各地で綿が栽培され、木綿の着物が普及した江戸時代中期のことで、織り糸の端を利用した手まり作りがはやったためです。

木綿糸のまりは固く滑らかに仕上がってよく弾み、染め色も美しいので、新年になると、お母さんやおばあさんから新しいまりを女の子に贈る風習ができたのです。

遊び方も、初めはまりをお手玉のように二つ、三つと投げ上げて手に受ける「あげまり」だったのが、よく弾むまりができるようになると、地面について遊ぶ「つきまり」が盛んになり、動作に合わせて数を唱える手まり歌が、あちこちの路地から聞こえるようになりました。

しょうがつ かどまつ


  しょうがつ かどまつ  にがつは はつうま
  さんがつは ひなさま
  しがつは しゃかさま ごがつは おせっく
  ろくがつは てんのうまさ
  しちがつ たなばた はちがつ はっさく
  くがつは きくづき じゅうがつ えびすこう
  ゆうべ えびすこうに よばれていったらば
  たいの はまやき すずきの すいもの
  かねのおはしで ざくざく すいましょ
  いっぱいと すいましょ
  にはいと すいましょ
  さんばいと すいましょ
  さんばい おとうふに あてられまして
  あしたは だんなさんの おさかもり
  はてな はてな
  はてなのたねは いとよりほそい
  はたな はてな

かるた。

かるたの起源は、室町時代に来航したポルトガル船が伝えた「うんすんかるた」だと言われています。

それが、日本固有の「貝覆」や「花合わせ」の行事と結びついて、花がるた (花札)となりました。

花合わせは、もとは、本物の花を手折って、左右二組に分かれてその花に寄せる歌をよみ合ってその優劣を革り遊びでじたが、一月は松、二月は梅、三月桜、四月は藤、五月は菖蒲、六月は牡丹、七月は坊主、八月は萩、九月は雨、十月は紅葉、十一月は菊、十二月は桐というように、四季一二か月の風物を四八枚の札に描いた花がるたが編みだされたのです。

この遊びは、農耕を基準として一年潅過ごし、風流を好む日本人の性向に合って盛んになりました。

また平安時代にはやった「歌合わせ」とも結びついて、百人一首をはじめとする歌がるたに発展しました。

百人一首は藤原定家が奈良時代から鎌倉時代までの歌人百人の短歌を一首ずつ選んだものです。

「いろはがるた」は、江戸時代後期に、子どもがひらがなやことわざや生活に必要な知恵を、遊びながら覚えられるようにと一種の教材として考え出さました。

初め、京都で生まれたと言われていますが、のちに大坂や江戸でも、それぞれ特色のあるものが作りだされました。

福笑い。

福笑いは、手ぬぐいなどで目かくしをして、ひょっとこやお多福、だるまの顔などの輪かくだけが描かれた台紙に、眉・月・鼻・口の形の紙片を置いていく遊びですが、ときにはとんでもない顔にでき上がるので、皆で腹をかかえて笑い合います。

新年早々笑いがこぼれるのが、福々しくめでたいとされ、江戸時代から正月の楽しい子どもの遊びとなっています。

すごろく。

すごろくは、もともとは二人が盤の前に座って行う将棋や囲碁と同じような遊びでした。

さいころを振り出し、出た目の数だけ石を進め、敵陣へ先に石を全部送り込んだほうを勝ちとする競技です。

最も古い遊びの一つで、インドに起こり、奈良時代に中国から日本に伝わって貴族のあいだで盛んに行われました。

室町時代には一般庶民にも広まりましたが、やがてすたれて、さいころだけがとばくに使われたりしました。

それを、簡単に遊べるように工夫した絵すごろくが考えだされ、人生や旅にちなんだ「出世すごろく」や「道中すごろく」ができて、子どもの遊びとなったのは江戸時代のことです。

 
 
Google
Web pleasuremind.jp