二十日正月・骨正月。

正月の終りとする節日で、この日を持って神祭りの月の終了、正月の祝い納めとして仕事を休む物忌みの日とされています。

小正月に飾った餅花等を取り外す日ともなっています。

この日は、正月になってから毎日食べていた正月用の年肴(さかな)が食ペつくされて骨だけになってしまうため、「骨正月」とも言われています。

京阪神地方では正月に食べたブリの骨を二十日間酒粕の中に入れ、牛蒡・大根等と一緒に煮て食べる事から骨正月とも言われ、野菜と一緒に煮て食べ、お節料理の食べ納めをしました。

また、石川県では「乞食正月」、群馬県では「棚探し」、岐阜県では「フセ正月」、岩手県では「二十日ワッパカ」などと言って、この日にはお正月のごちそうの残りを食べつくしました。

一日が男正月、十五日が女正月、二十日が奴正月で慰労の日とも考えられているようです。/

乞食正月と称して、乞食が家々を回って残り物をもらうという地方もあったそうです。

また、麦正月・団子正月・とろろ正月といい、地方によっては米以外の作物の豊作を祈る行事があったのではないかともいわれます。

お正月のものは残らず食べ尽くす、と言う考え。
 乞食正月は客人信仰。毛越寺(もうつじ)のホームページを参照の事。


 
 
Google
Web pleasuremind.jp