お話歳時記

見るなの座敷「鶯の内裏」。

見るなの座敷「鶯の内裏」。

  昔話のパターンに「見てはいけません」と言われた主人公が、その誘惑に負けて見てしまう、と言うのがあります。

  本来は異類結婚譚で、嫁いで来た娘や通ってくる婿、または変じた妻との約束を破り、その正体を知ったが為に破局を迎える、というものをさすのですが、その一つの変形が「見るなの座敷」です。  「見るなの座敷」は