お話歳時記

ルンペルシュティルツヘン

  「ルンペルシュティルツヘン KHM55」は、「大工と鬼六」「トム・ティット・トット」と同型の話で、グリム童話の中の一つです。

  一般的にイギリスのお話はユーモアがあり、ドイツのお話は幻想的とされていますが、比較してみるとその特徴が良くわかると思います。


ルンペルシュティルツヘン

  ある川の側に水車小屋があり