お話歳時記 お話を見て書いて創るサイト お話歳時記
お話歳時記創作情報デジタルコンテンツメルマガwww.pleasuremind.jp TOP
九月ー重陽の節句とお月見。
 
  十五夜のお祝い。
 

 昔は、月の満ち欠けによって、おおよその月日を知り、農事を行ったため、十五夜の満月の夜は農民の間では農耕行事と結びついていて、収穫の感謝祭としての意味も持っていました。

 十五夜にはススキを供え、縁側や屋外にしつらえた台の上に、昔は芋の葉にのせて団子や柿、栗、里芋、枝豆などを供えました。
 ススキはイネ科の多年草ですが、ススキという言葉は、稲積(田んぽにワラを積み重ねたもの)、また、祭りの山車などのことで、いずれも神を祭るという意味がこめられています。
 そのため十五夜に飾るススキは稲穂の代わりとされ、十五夜は稲の収穫祭とも考えていました。

 団子は「月見団子」と呼ばれ、地方によって形や供える数が違いますが、
一般的には、丸い団子を三方の上に一五個積み上げます。
静岡県では、団子を平たくし、中央を指でくぼませてヘソモチと言います。
 京都や大阪では、団子の一方の端をとがらせて里芋の形にしてきな粉をまぶしたものを、一年の月数一二個(閏年は一三個)だけ供えるそうです。

 十五夜に供えるもので最も大切なものは、里芋です。
このため、中秋の名月はまた「芋名月」とも呼ばれます。
鳥取県では「芋神様の祭り」と言い、また「芋の子誕生」と言って、この日に初めて芋を掘ります。
 またこの日、九州地方ではよく行われる綱引きが行われ、これは農耕祈願・年占行事の一つだそうです。

 里芋や山芋は、日本人が米を食べるようになる前は重要な主食でした。十五夜はもとは里芋などいも類の収穫祭・収穫儀礼であったとも言えます。