お話歳時記

一陽来復と一陽来福。

  冬至の行事で有名な所は、放生寺と穴八幡宮です。

  放生寺と穴八幡宮はもとは放生寺と言う一つのお寺で、寛永十八年(1642年)、威盛院権大僧都 良昌上人(りょうしょうしょうにん)が、 高田八幡(穴八幡)の造営に尽力され、その別当寺として開創されたお寺です。

  別当寺は神宮寺の一種で、神社境内に建てられ、別当が止住し、読経・祭祀(さいし)・加持祈祷とともに神社の経営管理を行なったお寺です。 神宮寺は神社に付属して建てられた寺院で、神仏習合思想の現れで、社僧(別当)が神社の祭祀を仏式で挙行していました。

  明治元年(1868)の神仏分離令により廃絶または分離されたため、現在では、放生寺と穴八幡宮の二つに分かれています。


  冬至の日、放生寺と穴八幡宮では、共にお札を配っています。

  放生寺では「一陽来福」と書いたお札で、年神のいる「恵方」の柱にはると、健康で家が栄えるとしています。 また、穴八幡宮では、朝早くから、「一陽来復」のお札を配り、今では、節分の日までお札を出しています。 一陽来復とは、暗い冬が終わって、明るい春が来るという意味です。

  この日にはユズ市、暦売りが立ち、露店がではユズや翌年の暦が売られています。


十二月の行事とお祭り。